声は喉よりお腹の底から出す

カラオケが上達したいので練習すると、ちょっと歌っただけで喉が痛くなるという人も少なくありません。
これは、喉の使い方が適切でないためである場合が多いので、歌い方を少し変えることで多くの人が改善できる悩みだと言えます。
最初に、喉が渇いているときには喉に負担がかかりすぎるので、カラオケで歌うなら忘れずにドリンクをオーダーしましょう。
常温で保管された水がベストだと考えられていて、普通のお店なら頼むと出してくれますが、味のあるものがいいという人は炭酸を除いた甘味のないドリンクをオーダーしてください。
上達のために練習時間が長くなりそうなら、ちょっとずつ飲み物を口にしながら練習を行うのが通常のスタイルとなります。

大声を出すために喉の奥側から強引に声を出す人もいますが、これもまた適切なやり方ではありません。
声は、喉というよりもお腹の底から出すという表し方が的確なため、とりあえずは腹式呼吸を覚えることから開始しましょう。
一曲歌っただけでも喉がヒリヒリするからカラオケがなかなか上達しないという人の場合、腹式呼吸ではなく胸式呼吸で歌っている可能性が高いです。
胸式呼吸は、喉周辺の筋肉に余計ない負荷をかけてしまうことになりますので、伸び伸びと歌えない場合は、喉を痛めることになりかねません。
カラオケでしゃくりあげるような歌い方をしている人も多いですが、これも喉にとっては負担となり、早い段階で痛めてしまう要因となります。
頻繁にしゃくりあげているなら、訓練してこの癖を解決するように努力しましょう。